ブログのつくり方

WordPressとは?できること・メリット・デメリットなどを解説

投稿日:

ブログを運営をする方法にはいくつかありますが、大まかには「WordPress」と「無料ブログサービス」を使う方法があります。

これらはそれぞれ特徴が違うので、どのサービスを使うってブログをつくるかに迷った時には、そのブログを運営する目的によって選ぶのがおすすめです。

とは言え、ブログを初めてつくる人の中には、「そもそもWordPressって何?」「WordPressを使ってブログを運営するメリットって何だろう?」と、疑問を抱くこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここでは、WordPressとは何か、また具体的にどんなことができるのかなどについて説明します。

 

WordPressとは?できることやメリット・デメリットなど

それでは、以下にWordPressとは何か、具体的に何ができるのかなどについて説明します。

 

WordPressとは何?

まず、「WordPressとは何か」を簡単に説明します。

WordPressとは、「ダウンロード型のソフトウエアを使って、簡単にブログの構築ができるサービス」です。

つまり、以下のような流れでブログを作成・運営することができるサービスになります。

WordPress利用の流れ

  1. あらかじめソフトウエア(WordPress)をサーバーにインストールする
  2. 管理画面にログインして初期設定を行う
  3. 記事の投稿や見た目のデザインをカスタマイズしてコンテンツを構築していく

「サーバーにソフトをインストール」「初期設定を行う」などと言うと難しそうに思えますが、WordPressの管理画面は直観的に操作ができるつくりになっているので、HTMLやCSSなどのWebに関する専門知識がない人でも、簡単にブログを構築して運営することができます。

なので、「WordPressは初心者にも使いやすいサービス」です。

ただし、初心者に使いやすいと言っても、「HTML・CSSやPHPなどの専門知識がある中上級者には物足りない」と訳ではありません。

HTML・CSSの知識があるなら、サイトの見た目のデザインを調整して、他のブログと差別化したおしゃれなブログをつくることもできるなど、WordPressはいろいろなカスタマイズが可能なので、知識を付ければ、よりコンテンツの充実したブログやサイトをつくることが可能になります。

 

WordPressでできること

次に、「WordPressでは何ができるのか」を具体的に説明します。

WordPressを使ってブログをつくると、たとえば以下のようなことが可能です。

WordPressを使ってできること

  1. 独自ドメインを使ったブログが運営できる
  2. テーマを適用してサイトのデザインを自由にカスタマイズできる
  3. ユーザーを複数作成して、複数人で記事の投稿や編集をすることができる
  4. プラグインを使って機能を拡張することができる
  5. 広告を設置してアフィリエイト収入を得られる
  6. Google Analyticsを設置したアクセス解析が可能

上記のように、WordPressを使うと、まず独自ドメインを使ったブログを運営できるので、ブログタイトルやブログのテーマなどに合わせて自分で決めたドメイン名をURLとして設定することができます。

また、WordPressは「テーマ」と呼ばれるテンプレートを使って見た目のデザインをカスタマイズすることもできますし、「プラグイン」と呼ばれるツールを使ってWordPressの機能を拡張し、記事の作成やブログの運営を効率化することも可能です。

そして、ブログ上の好きな位置に広告を配置して広告収入を得ることができるなど、拡張性・カスタマイズ性・自由度が高いところがWordPressの特徴です。

 

WordPressのデメリット

次に、WordPressを使う場合のデメリットについて見ていきます。

WordPressをを使う場合のデメリットとなる点には、以下のことがあります。

WordPressを使うデメリット

  1. 独自ドメイン・レンタルサーバーが必要なので、維持費が掛かる
  2. はじめに独自ドメインやレンタルサーバーとの契約・WordPressの初期設定などを行う必要がある
  3. セキュリティ対策・ソフトウエアのバージョンアップをするなどの定期的な管理が必要

上記のように、WordPressは自由度は高いですが、管理や運営には、それなりの手順や手間、費用が掛かるところがデメリットです。

まず、WordPressを使ってブログを運営するには維持費が掛かります。

と言っても独自ドメイン・レンタルサーバーは、年間でもだいたい合わせて7,000円~13,000円強ほどの金額で維持できるので、それほど負担は大きくありません。

安ければもっと低い金額で運営することもできるくらいですが、まったく無料でブログを運営することはできないので、その点は注意してくだい。

また、WordPressでブログを運営するには、WordPressの初期設定や必要な「プラグイン」や「テーマ」のインストールなどを、はじめに行う必要があります。

「WordPressをインストールすれば、すぐに記事を書き始めて投稿できる」という訳にはいかないので、その準備に時間や手間が掛かることもあらかじめ考慮に入れておくと良いです。

そして、WordPressは「プラグイン」や「テーマ」など、いろいろなソフトウエアを使うので、それらを最新バージョンにしておく、不正ログイン対策などのセキュリティ対策をしておくなど、管理をきちんとする必要があります。

 

無料ブログと比べた時のメリット

次に、WordPressと無料ブログサービスを比べた場合のメリットについて見ていきます。

無料ブログサービスと比べた時のWordPressのメリットとしては、以下のことがあります。

無料ブログと比べた場合のメリット

  1. サービス側の規約や制限により勝手にアカウントやブログが削除されるリスクがない
  2. 利用期間に制限がない
  3. サービス側の広告表示がない

まず、WordPressは自分で独自ドメインとレンタルサーバーを契約し、ソフトウエアをインストールして使ってブログを運営します。

つまり、すべて自分自身で用意した環境を使ってブログを運営するので、利用期間に制限がありません。

これに対して無料ブログサービスは、他者のプラットフォームを使ってブログを運営することになるので、サービス側が突然サービスを停止することもあり得ますし、サービス側の判断で突然アカウントやブログが削除されるといったリスクも伴います。

ですが、WordPressならば、そうした外部の影響を受けずに、ブログを運営することが可能です。

いつサービスが終了したり、アカウントが削除されるか分からない無料ブログサービスは本格的にブログを運営するには向いていませんが、WordPressならコンテンツを蓄積して自分の資産となるブログをつくることができます。

 

WordPress.comとの違い

次に、「WordPress.com」との違いについて見ていきます。

WordPressと言うと、一般的には「WordPress.org」というインストール型のソフトウエアのことを言いますが、もう一つ「WordPress.com」というサービスもあります。

「WordPress.com」のほうは、サーバー契約や独自ドメインなしに、すぐにブログの運営が始められる、無料ブログサービスに近いものです。

無料で利用することができますが、有料プランにアップグレードして広告収入を得るなどの機能を追加することもできます。

インストール型のWordPressのようにしっかりと構築したブログは必要なく、「準備や管理に手間を掛けたくない」「手軽にブログを始めたい」という場合には、「WordPress.com」を選ぶと良いです。

 

まとめ

以上、WordPressとは何かやできることやメリット・デメリットなどについて説明しました。

WordPressは、インストール型のソフトウエアを使ってブログを構築できるサービスです。

WordPressを使えば、専門知識を持っていない人でも簡単にブログをつくって運営することができます。

初心者にも使いやすいことも事実ですが、知識があれば、さまざまなカスタマイズを施すこともでき自由度が高いところも特徴です。

ただ、無料ブログサービスと比べると、必ず維持費が掛かること、初期設定が必要なこと、セキュリティ対策やソフトウエアのバージョンアップをするなどのメンテナンスが必要な点がデメリットとなります。

とは言え、無料ブログサービスと比べるとできることの幅は広いので、コンテンツを蓄積して自分の資産となるブログを構築していきたい人にはおすすめのサービスです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.