書籍・参考書

サイト制作の基本が身に付く「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」のレビュー

更新日:

私はブログやサイトをいくつか運営していますが、今までHTML・CSSは断片的な知識しかなくて思うようにカスタマイズができないことが多かったため、最近HTMLやCSSについて独学で学び直しています。

そして、「HTML・CSSの基礎固め」と「サイト作成の基本を身に付ける」ために、先日「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」という本を買って勉強しました。

同じように、HTMLやCSSを勉強している人には、基礎を学んだ後に一歩踏み込んだ知識やスキルを身に付けるための良本を探していて、この本の評判が気になっている人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」でどんなことが学べるかや、実際にこの本を使って勉強してみた感想を紹介します。

 

レビュー

それでは、以下に「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」のレビューを紹介します。

 

本の概要

まず、「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」がどんな本かというと、基本的なサイト作成の方法やCSSグリッドのテクニックを使ったサイト制作方法を初心者向けに解説している本です。

本一冊を通じてサイト作成の流れが解説されていて、説明されている通りに進めていくと、CSSグリッドを使ったレスポンシブ対応のWebサイトを完成させることができます。

また、タイトルに「HTML5&CSS3レッスンブック」とある通り、ところどころでサイト制作に必要なHTML・CSSの基本的なことも説明されているので、HTML・CSSの基礎を学び終えたばかりの初心者でも学習しやすい本です。

 

身につけられる知識・スキル

次に、この本でどんな知識やスキルが身に付けられるかというと、主に以下のようなことがあります。

  • CSSグリッドをベースにしたサイト作成方法
  • トップページ・記事ページ・お問い合わせページなど、基本的なWebページの作成方法
  • サイトをレスポンシブ対応にする方法
  • デバイスごとのサイズ設定の考え方
  • HTML・CSSの基本ルールやタグやプロパティの使い方
  • ディベロッパーツールの使い方

上記のように、HTML・CSSの基本的なルール、トップページ・記事ページ・お問い合わせページなどのページで構成されている一般的なWebサイトの作成方法が解説されているので、基本的なWeb制作の仕方を一通り学べます。

また、モバイルファーストで作成したWebサイトをレスポンシブに対応させる方法、CSSグリッドでデザインしたサイト作成の方法など最新のWeb制作に必要な知識も身に付けられる内容になっています。

つまり、「フォームを使ったお問い合わせフォームを設置する方法」「テーブルを使って表を作成する方法」のような断片的な理解から脱して、見栄えを考慮しながら一つのWebページやWebサイトを作成するための考え方やスキルを付けられる本です。

なので、HTMLやCSSの基本をある程度理解している人が、その知識の基礎固めやWeb制作の基本を学習するのにピッタリです。

 

この本を選んだ理由

次に、私がこの本を購入した理由についてですが、なぜこの本を選んだかというと、「書店で直接パラパラと本の中身を見てみて、直感的に良さそうだと思ったから」です。

ただ、普段Webで本を購入する時には事前にレビューや評判をチェックして買うかどうかを判断しますが、この本は書店で実際に見てみてその場で購入を決めました。

具体的にこの本が良さそうだと思った理由は、以下のような理由からです。

  • オールカラーで図や画像がたくさん使われていて、視覚的に分かりやすくつくられている
  • 本一冊でサイト作成の基本を学べる内容になっている
  • HTML・CSSの基礎を学び終えた状態でちょうど良いレベル

ちなみに、私がこの本を購入した時点でのレベルは、ドットインストールやProgateでHTMLとCSSの基礎の部分を学び終わって、「Webクリエーター能力認定試験」の勉強に取り掛かっていた時でした。

ただ、主要なコードの使い方などは理屈として理解できていても、きちんとしたサイトを一通りつくったことはなかったんです。

なので、サイト制作の基本的な知識やスキルを身に付けられる本を探していたのですが、書店でこの本を見て「今の自分のレベルや、やりたいことにちょうど良いのでは?」と思いました。

また、オールカラーで初心者にも理解しやすい内容になっているので、効率的に学習を進められると思ったことも購入に至った理由の一つです。

こちらの記事も併せてどうぞ

「Webクリエーター能力認定試験 エキスパート」に一ヶ月で合格した勉強法

「Webクリエーター能力認定試験」は、Web業界への登竜門的な存在としてよく知られている資格試験です。 私自身は特に「Web業界に転身したい」という訳ではないのですが、ブログやサイトを運営しているので ...

続きを見る

 

学習した感想

次に、「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」を実際に購入して学習してみた感想を紹介します。

この本で学習してみた感想は、以下の通りです。

  1. 挫折することなく、モチベーションを保ったまま楽しんで学習できた
  2. 本のボリュームは重すぎず、少な過ぎずちょうど良い
  3. 一通り学習した後で読み返してみても発見が得られる

上記の①~③について、どういうことか具体的に説明すると、まず①については、この本では順を追って体系的に説明されていて、本一冊の内容を読了するまでに、行き詰まったり放り出したりすることもなく、サクサクと進めることができました。

というのは、本でつくりかたが説明されている見本のサイトがシンプルでおしゃれなこともあり、少しずつサイトが出来上がっていく工程を楽しみながら作業を進められたからです。

サイトで使用する画像データはダウンロードして使用することができるので、本に載っているのと同じようにおしゃれなサイトが出来上がります。

また、本に書いてあるコードを打っていってサイトを作成していくですが、一つ一つの作業について分かりやすく解説されているので、作業工程で「この表示を整えるために、こういう作業をする」「ここをこうするとこう表示が変わる」というように、一つ一つの作業について納得しながら進めることができました。

また②についてですが、私は「Webクリエーター能力認定試験」の勉強と並行して、この本でも学習していたのですが、試験の問題集と併せて1日3~4時間ほどを勉強時間にあてて1週間くらいで学習できました。

HTML・CSSの基礎を学んだばかりでも難し過ぎたり重すぎたりする内容ではなく、逆に物足りないと感じることもなく、程よいボリュームです。

次に、③ですが、一通り学習を終えて少し経ってから読み返してみると、その時は読み流してしまっていた部分から新たに発見することがあったり、少し知識が付いた状態で読み返すことで理解が深まったりする部分もあるので、基本的なことがまとめて書かれている教科書的な本を一冊持っていると便利だと思いました。

ただ、逆に基本を押させてある程度力が付いたら読み返したり参考にしたりすることは少ないかもしれませんが、初心者のサイト作成の入門書としてはおすすめの一冊です。

 

まとめ

以上、「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」のレビューを紹介しました。

この本は、CSSグリッドをベースにしたレスポンシブ対応のサイトを作成しながら、HTML・CSSを使ったサイト制作の基本を身に付けられる内容になっています。

オールカラーで図や画像がたくさん使われていて理解しやすいですし、作成するサンプルサイトはシンプルでおしゃれな感じなので、本の内容に沿って楽しみながらサクサクと作業を進めることができます。

また、サイトはトップページ・2カラムの記事ページ・お問い合わせページなど、一般的なWebサイトの構成になっているので、基本的なサイト制作の方法を理解することができます。

HTMLやCSSの基本を理解している人が、サイト制作の基本を身に付けるのにピッタリの内容になっているので、良い入門書を探している人におすすめの一冊です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.