ブログのつくり方

WordPressで問い合わせフォームを設置できるプラグイン 3選

投稿日:

ブログには、読者からの質問などが受けられるように問い合わせフォームを設置する必要があります。

問い合わせフォームはプラグインを使えば簡単に設置することができますが、問い合わせフォームを作成・設置できるプラグインは複数あるので、どれを使えば良いか迷っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではWordPressで問い合わせフォームを設置できるプラグインを3つ紹介して、その機能の違いなどについて説明します。

 

WordPressで問い合わせフォームを設置できるプラグイン

それでは、以下にWordPressで問い合わせフォームを設置できるプラグインについて説明します。

 

問い合わせフォームプラグイン

まず、WordPressで問い合わせフォームを設置できるプラグインにはどんなものがあるのか説明します。

問い合わせフォームを設置するためによく使われているプラグインには、以下のものがあります。

問い合わせフォームを設置できるプラグイン

  1. Jetpack by WordPress.com
  2. Contact Form 7
  3. MW WP Form

上記は、どれも問い合わせフォームを設置する機能のあるプラグインですが、それぞれのプラグインでできることは大きく違います。

なので、「とにかく簡単に設定できるほうが良い」「こんな機能のある問い合わせフォームをつくりたい」などの希望や目的に応じて、どのプラグインを使うかを選ぶことができます。

では、上記のプラグインにはそれぞれどんな特徴や違いがあるのかを以下に説明します。

 

Jetpack by WordPress.com

はじめに、①の「Jetpack by WordPress.com」について説明します。

まず、「Jetpack by WordPress.com」は、問い合わせフォームを設置するためだけのプラグインではなく、いくつもの機能が複合的に使えるプラグインです。

たとえば、ブログのアクセス解析が使えるようになったり、サイトがダウンしている時にメールで通知してくれるアラートを設定できたりと、このプラグイン一つで他にも便利な機能を使うことができます。

とは言え、特に難しいカスタマイズの必要もなく、簡単な設定だけで問い合わせフォームを設置できますし、フォームの設定画面は直観的に操作ができるつくりになっているので、使いやすく初心者にもおすすめです。

他にも、「Jetpack by WordPress.com」の特徴や問い合わせフォームを設置する場合のメリットには、以下のようなものがあります。

「Jetpack by WordPress.com」の特徴&メリット

  • 固定ページで「お問い合わせを追加」ボタンを押すだけで、デフォルトの問い合わせフォームを簡単に追加できる
  • 最低限の機能の問い合わせフォームしか必要なければ、初心者でも短時間で設定が完了できる
  • デフォルト以外の入力項目を追加したい場合も、簡単な操作で追加が可能

上記のように、「Jetpack by WordPress.com」はとにかく設定が簡単なので、「WordPress初心者」や「あまり時間を掛けずに問い合わせフォームを設置したい時」などにおすすめです。

Jetpack by WordPress.com

こちらの記事も併せてどうぞ

WordPressでプラグインを使って簡単にアクセス解析をする方法

WordPressでブログの運営を始めると、どのくらいブログを読んでくれている人がいるのか、どんな記事を読まれているのかと気になるものです。 なので、アクセス解析を設置しようと考えますが、「Googl ...

続きを見る

 

Contact Form 7

次に、「Contact Form 7」について説明します。

「Contact Form 7」は、問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグインで、多くのブログやサイトでよく使われているプラグインです。

ちなみに、このブログのお問い合わせページも、このプラグインを使って問い合わせフォームを設置しています。

設定は「Jetpack by WordPress.com」ほど簡単ではありませんが、特別難しい訳でもないので、WordPressの初心者にもおすすめです。

他にも、「Contact Form 7」の特徴や、このプラグインで問い合わせフォームを設置するメリットには以下のようなものがあります。

「Contact Form 7」を使うメリット

  • ショートコードを取得して固定ページに貼り付けるだけで、簡単に問い合わせフォームを設置できる
  • デフォルトで用意されているテンプレートのフォームをそのまま使うだけで、最低限の機能の問い合わせフォームを設置できる
  • デフォルトの設定をカスタマイズすることで、入力項目を増やしたり、自動確認メールを送信したりする設定も可能
  • 「reCAPTCHA」機能付きの問い合わせフォームを設置することもできる
  • 問い合わせはメールで通知されるだけで保存できないが、別のプラグインを組み合わせればデータベースに保存することも可能

上記のように、「Contact Form 7」はWordPress初心者にも使いやすいですが、設定をカスタマイズをしたり他のプラグインと組み合わせて機能を拡張することもできます。

なので、「簡単に問い合わせフォームを設置したい」という場合にも、「基本的な機能だけではなくてカスタマイズして機能を拡張したい」という場合にもおすすめのプラグインです。

Contact Form 7

 

MW WP Form

次に、「MW WP Form」について説明します。

「MW WP Form」は、確認画面が表示可能な問い合わせフォームを設置できるプラグインです。

機能が豊富で、「自動返信メールの設定」「問い合わせ内容の入力画面・確認画面・完了画面用のURLを個別に用意する」「問い合わせに添付するファイルや画像の拡張子・サイズ制限の設定をする」などのさまざまな細かい設定が可能です。

なので、通常のブログに設置する問い合わせフォームというよりも、法人のホームページに設置する問い合わせページを作成するのに向いています。

他に、このプラグインで問い合わせフォームを設置する場合の特徴やメリットには、以下のようなことがあります。

「MW WP Form」の特徴&利用するメリット

  • タグを選択してさまざまな入力項目を組み合わせてフォームを設置できる
  • 個々の入力フォームの文字数制限や添付ファイルのサイズ制限などの設定が簡単にできる
  • 過去に届いた問い合わせの対応状況を管理画面上で確認・管理できる
  • 有料のアドオンを組み合わせて、画像認証を付けることができる
  • HTMLの知識がないと設定しずらい

上記のように、「MW WP Form」は高機能ではありますが、設定が難しめであまり初心者向きではありません。

また、個人で運営するブログの問い合わせフォームにはあまり必要ないと思われる機能もあるので、普通の個人ブログで使うなら「Contact Form 7」で十分かと思われます。

もし、「確認画面の付いた問い合わせフォームを設置したい」「問い合わせの対応状況をしっかりと管理しておきたい」などの場合には、このプラグインを使うと良いかと思います。

MW WP Form

 

まとめ

以上、WordPressで問い合わせフォームを設置できるプラグインについて説明しました。

問い合わせフォームを設置できる主なプラグインには、「Jetpack by WordPress.com」「Contact Form 7」「MW WP Form」があります。

まず、「Jetpack by WordPress.com」は設定がとても簡単で短時間で問い合わせフォームを作成できるので、初心者向きです。

また、「Contact Form 7」は設定も比較的簡単で使いやすいですが、さまざまなカスタマイズや機能の拡張も可能なので、簡単に問い合わせフォームを設置したい初心者にも、自分の希望通りにカスタマイズしたい人にもすすめです。

そして、「MW WP Form」は、確認画面の付いた問い合わせフォームを設置でき、問い合わせの対応状況の管理もできるなど機能が豊富ですが、設定はやや難しいです。

なので、WordPress初心者には「Jetpack by WordPress.com」か「Contact Form 7」の利用がおすすめですが、問い合わせフォームを設置する目的はそのブログやサイトによってさまざまなので、上記の特徴を参考に、その目的に合ったものを選んでみてください。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.