ブログのつくり方

「Disable Comments」でサイト全体のコメントを非表示にする方法

投稿日:

コメントを許可する必要のない形式のサイトを作成するなどで、コメントを全体的に非表示にしたいことがあります。

しかし、WordPressの設定ですべてのコメントを非表示にするには多少手間が掛かるので、プラグインを使って簡単にできる方法がないかと思うこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここではプラグイン「Disable Comments」を使って、簡単な設定で、そのサイトのコメントに関することをすべて非表示にする方法について説明します。

 

「Disable Comments」を使ってサイト全体のコメントを非表示にする方法

それでは、以下に「Disable Comments」でコメントを非表示にする方法について説明します。

 

「Disable Comments」とは?

はじめに、「Disable Comments」とはどんなプラグインかを簡単に説明します。

「Disable Comments」は、そのブログやサイトのコメントを非表示にすることができるプラグインです。

簡単な設定をするだけで、公開しているサイト上に表示されるコメント欄や、管理画面のコメントに関する設定をすべて非表示にすることができます。

プラグインを使わなくても、WordPress側の設定で「一部の記事のコメント欄を非表示にする」などのことはできますが、これまで公開している記事やこれから新しく作成する投稿すべてのコメントを非表示にしたい場合には、このプラグインの利用がおすすめです。

では「Disable Comments 」を使ってコメントを非表示にするにはどうするのかというと、必要になる作業の流れは以下のとおりです。

「Disable Comments 」を使ってコメントを非表示にするまでの流れ

  1. 「Disable Comments 」をインストール・有効化する
  2. 「Disable Comments 」の設定画面で、コメントを全体的に非表示にするための設定をする
  3. 実際にコメントが非表示になっていることを確認する

上記①~③で行う作業について、詳しくは以下の項目で解説します。

 

①「Disable Comments 」のインストール・有効化

はじめに、①の「Disable Comments 」をインストール・有効化する方法について説明します。

ここで行う作業は以下のとおりです。

「Disable Comments 」のインストール・有効化手順

  1. WordPress管理画面「プラグインの追加」画面を表示
  2. 画面の右上にある検索ウィンドウに「Disable Comments 」と入力
  3. 検索結果に表示された「Disable Comments 」の「今すぐインストール」をクリック
  4. インストールが完了したら「有効化」をクリックする

以下に、上記①~④の流れを詳しく見ていきます。

まず、WordPress管理画面のメニューから「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックして、「プラグインの追加」画面を表示します。

そうすると、以下のような画面になるので、右上にある検索ウィンドウに「Disable Comments」と入力します。

「Disable Comments」のインストール画面

そして、検索結果の左上に「Disable Comments」が表示されたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。

インストールが終わったら、以下のように「有効化」というボタンが表示されるので、「有効化」をクリックし、ここまでの作業が終了です。

「Disable Comments」を有効化する時の画面

 

②コメントを全体的に非表示にするための設定をする

次に、「Disable Comments」の設定画面からコメントを非表示にするための設定方法について説明します。

ここで行う作業は、以下のとおりです。

「Disable Comments」の設定の流れ

  1. 「Disable Comments」の設定画面を開く
  2. 「どこでも:WordPress内のコメント関連のコントロールと設定をすべて無効化します。」にチェックを入れる
  3. 「変更を保存」ボタンをクリックして設定内容を保存する

次に、上記①~③について詳しく説明します。

まずは、WordPress管理画面で「設定」⇒「Disable Comments」をクリックします。

すると、以下の画面になるので、「どこでも:WordPress内のコメント関連のコントロールと設定をすべて無効化します。」にチェックを入れて、画面左下の「変更を保存」をクリックします。

「Disable Comments」でサイト全体のコメントを非表示に設定する時の画面

すると、以下のように「オプションを更新しました。管理メニューと管理バーへの変更は、このページを離脱または再読み込みするまで表示されません。」と表示されます。

「Disable Comments」の設定変更を保存した時に表示されるメッセージ

このメッセージが表示されたことを確認したら、設定は完了です。

 

③コメントが非表示になったことを確認する

次に、コメントが非表示になっていることを確認します。

このプラグインは、公開しているサイト上のコメントだけではなく、管理画面のコメントに関する項目もすべて非表示になります。

たとえば、「Disable Comments」を使って、全体を非表示に設定した場合に影響のある部分には以下のようなものがあります。

「Disable Comments」で非表示になる項目

  • 公開済みの投稿のコメント欄(過去に投稿されたコメントも非表示になるが、削除しないと表示されることもある)
  • WordPress管理画面左上にあるコメントのアイコン
  • WordPress管理画面「設定」の中にある「ディスカッション」

管理画面内のコメントに関連する項目が非表示になっているかどうかは、設定の変更を保存した後、管理画面を別のページに切り替えると確認できます。

このプラグインを使う時は、おそらくサイト上のコメント欄や過去のコメントを非表示にすることが目的かと思いますが、このように管理画面の項目も非表示になり、「後で一部の投稿だけコメントを表示するように設定する」といったことはできないことに注意が必要です。

こちらの記事も併せてどうぞ

WordPressでコメントを非表示にする方法 4つ

WordPressでブログやサイトをつくると、デフォルトではそれぞれの投稿にはコメント欄が表示されます。 しかし、作成するサイトによっては「コメント欄が特に必要ない」「コメント欄を表示したくない」とい ...

続きを見る

 

まとめ

以上、「Disable Comments」を使ってサイト全体のコメントを非表示にする方法について説明しました。

サイトのコメントを全体的に非表示にするには、「Disable Comments」を使うと便利です。

WordPressの設定でコメントを一部非表示にすることはできますが、このプラグインを使うと、簡単な設定で全体的にコメントを非表示にすることができます。

ただ、サイト上のコメント欄だけではなく、管理画面の設定もすべて非表示になります。

後々一部の投稿だけコメントを表示するといったことはできないので、あらかじめ注意が必要です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.