ブログのつくり方

ブログで使う独自ドメインを取得する方法を解説

投稿日:

WordPressでブログやサイトを始めるには、まず独自ドメインを取得する必要があります。

とは言え、初めてWordPressや独自ドメインを使ったブログ運営をする時には、ドメインをどうやって取得するのか、ドメイン管理会社をどうやって選ぶのかなど、悩むこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここではブログで使う独自ドメインを取得する方法について説明します。

 

ブログで使う独自ドメインを取得する方法

それでは、以下にWordPressのブログで使う独自ドメインを取得する方法について説明します。

 

独自ドメインとは?

はじめに、独自ドメインとは何かについて簡単に解説します。

独自ドメインとは、サイトアドレス、つまりURLの一部として使うものです。

たとえば、このブログなら「miyanokanako.com」という独自ドメインを取得して、それをURLとして設定しています。

ちなみに、ドメインの末尾(「トップレベルドメイン」と呼ばれる部分)は「.com」以外にも、「.net」「.org」などさまざまな種類があり、その中から選ぶことが可能です。

また「.com」の前の部分(このブログなら「miyanokanako」)は、ドメインを取得する時に自分で自由に決めることができます

ただし、独自ドメインはユニークなものである必要があるので、すでに同じドメインが使用されていると希望するドメインを取得できないこともあります。

つまり、独自ドメインを取得すると、「自分だけのオリジナルのドメイン」をURLに設定したブログをつくることができるので、このブログのような「ペンネームやブログタイトルをURLにする」ことも可能です。

そうしてブログのテーマやタイトルと一致した独自ドメインを取得すれば、ユーザーからもどんなブログかが分かりやすいですし、覚えてもらいやすいなどのメリットが得られます。

 

独自ドメインを取得する流れ

次に、「独自ドメインを取得するまでの流れ」について説明します。

独自ドメインを取得するまでには、以下のことを行う必要があります。

独自ドメインを取得するために必要な流れ

  1. 独自ドメインを決める
  2. どのドメイン管理会社で契約するかを決める
  3. ドメインを取得できるかどうか検索をする
  4. 申し込み・契約をする

上記①~④について、詳しくは以下の項目で説明します。

 

①独自ドメインを決める

まず、①の「独自ドメインを決める」方法について見ていきます。

独自ドメインを取得するには、最初に「どんな独自ドメインにするか」を決めます。

ドメイン名の決め方は、「ブログのタイトル」「ブログのテーマ」に合わせて決めるのがおすすめです。

たとえば、このブログなら一つのテーマだけを扱う特化ブログではなく、運営者ミヤノ カナコの得意分野のジャンルを中心に発信するブログなので、タイトル・ドメインともに同じ「ミヤノカナコ.com」としています。

もしくは、一つのテーマに特化したブログならば、そのテーマに合ったドメイン名を選べば、ユーザーがドメイン名を見ただけでどんなブログかが想像できますし、専門性が高いブログであることをユーザーに伝えることができます。

ただし、その場合は「サイトのジャンルを後で変更しづらくなる」というのがデメリットになるので、あらかじめ、その点も踏まえて考慮することをおすすめします。

 

②ドメイン管理会社を選ぶ

次に、②の「ドメイン会社を選ぶ方法」について見ていきます。

ドメインを取得するには、ドメイン管理会社と契約をする必要がありますが、ドメイン管理会社はいくつもあるので、その中から料金やサービスなどを比較して選ぶことが必要です。

では契約するドメイン会社をどうやって選ぶかですが、主に以下のような点を比較しながら選ぶと良いです。

ドメインを選ぶ基準

  1. 料金(ドメインは1年目と2年目以降で料金が違うので、それぞれの料金を比較する)
  2. WHOIS情報公開代行サービスの有無
  3. その他のサービス内容

上記①~③について、詳しく説明します。

まず①の料金についてですが、基本的に独自ドメインは年間1,000~2,000円くらいの金額で利用することができます。

ただ、すべてのドメインで常に一律の料金という訳ではありません。

ドメインの料金は1年目と2年目以降で金額が違うことがほとんどですし、どの管理会社で契約をするかによっても料金は変わってきます。

1年目と2年目以降の料金が違うのは、1年目はキャンペーンやセール価格になっていて、数十円~数百円程度の金額で割安に取得できることが多いからです。

なので、ドメイン会社を選ぶ時には、1年目と2年目以降、両方の料金をそれぞれのドメイン会社ごとに確認して比較することおすすめします。

次に、②についてですが、ドメイン会社には「WHOIS情報公開代行サービス」を提供している場合があります。

ドメイン会社は、このサービスを無料で利用できるところを選ぶのがおすすめです。

なぜかと言うと、名前や住所などの「ドメインの登録情報」は一般に公開される決まりになっているからです。

そうすると、「ドメインの登録情報」、つまり登録者名などの個人情報が知られてしまう恐れがあります。

しかし、「WHOIS情報公開代行サービス」を無料で提供しているドメイン会社と契約をすれば、そのドメイン会社の情報を代わりに公開してくれるので、個人情報が公開されることがなく安心です。

また、③についてですが、ドメイン管理会社は、料金や「WHOIS情報公開代行サービス」以外のサービスでも差別化を図っていることがあります。

たとえば、「エックスサーバー」「スターサーバー」など、ドメイン会社はレンタルサーバーも運営していることが多いです。

そして、レンタルサーバーと同じ運営会社でドメインを契約すると「WordPressをインストールできる無料レンタルサーバーが使える」という場合があります。

無料レンタルサーバーはいろいろ制約もありますが、「はじめから料金を掛けずに、まずはお試しでブログを運営してみたい」という場合にはお得かと思いますので、そうしたサービスがあるかどうかなどを含めて検討すると良いと思います。

 

④ドメインを検索する

次に、④の「ドメインを検索する」方法について見ていきます。

ドメイン会社のホームページからは、ドメイン名を検索して取得可能かどうか調べることが可能です。

取得したいドメイン名と契約する管理会社が決まったら、次に、そのドメイン管理会社のサイトで、実際にそのドメイン名を取得できるのかどうかを検索して確認します。

では具体的にどのようにするのか、例を挙げて具体的に説明します。

下の画像は、このブログで使っている「miyanokanako.com」というドメインを人気のドメイン会社「ムームードメイン」で検索してみた時の検索結果です。

ムームードメインでドメイン名を検索した結果の画面

上の画像から、「miyanokanako.com」はすでに使っているドメイン名なので、「取得できません」と表示されているのが分かるかと思います。

ですが、その下には「miyanokanako.jp」「miyanokanako.net」など、「別のトップレベルドメインで取得できるドメイン名の候補」が表示されています。

上記のように、希望するドメインがあっても必ず取得できるとは限りませんが、別のトップレベルドメインにすれば取得できることもあるので、その場合は別のトップレベルドメインを使うことを検討するのも一つの方法です。

もしくは、「.com」など特定のトップレベルドメインにこだわりたい場合には、その前の部分の単語の間にハイフンを入れてみたり、文字を一部替えてみるなどして検索し直してみると良いです。

まったく希望通りではなかったとしても、近いドメイン名を取得できる可能性はあるので、何度かパターンを替えて検索してみることをおすすめします。

 

⑤契約する

次に、⑤の「ドメイン管理会社と契約する」方法について見ていきます。

ドメイン名を検索して、取得できるドメイン名が確認できたら、次にドメインの契約に進みます。

おそらく、どのドメイン会社でも、ドメイン名を検索してみて取得可能なら、そのまま申し込み画面に進めるようになっているので、申し込み画面に進んで、会員登録を行います。

そして、支払情報を選択するという流れになります。

支払い方法は複数選択肢が用意されていることが多いですが、クレジットカードがあるなら、クレジットカードで支払いをすると手数料なども掛からないのでおすすめです。

そして、支払いが完了したら、ドメインの取得が完了となります。

 

まとめ

以上、WordPressのブログで使う独自ドメインを取得する方法について説明しました。

ドメインを取得するには、いくつかのステップがありますが、最初にドメイン名を決めるところから始めます。

独自ドメインはすでに使われているものでなければ、自由に自分で決めることが可能です。ただ、まったく何でも良いということではなく、ブログのタイトルやテーマなどに合わせて決めるなど、どんなブログをつくるかによって考えるのがおすすめです。

次に、ドメイン名を決めたら、ドメイン管理会社を選ぶ必要がありますが、ドメイン会社はいくつもあるので、ドメイン料金や「WHOIS情報公開代行サービス」の有無などを比較して選ぶと良いです。

そして、ドメイン管理会社が決まったら、ドメイン名を検索し、希望のドメイン名が取得できることが確認できたら申し込みや会員登録、契約作業に進みます。

会員登録や契約を行ってクレジットカードでその場で決済が完了すれば、すぐにドメインが取得できます。

ドメイン名はしっかりと考える必要がありますが、申し込みや契約作業はいつでも簡単にできるので、あまり悩むことなく進められると思います。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.