文章の書き方

文末表現を工夫して洗練された文章に仕上げる方法

投稿日:

優れた文章を書こうと思ったら、ただ思いつくままに文章を書くのではなく、いくつか意識して工夫しなければいけないことがあります。

その一つが「文末表現」です。

文末にどのような表現を使うかで、その文章全体が「読み手に与える印象」や「読みやすさ」などが違ってきます。

しかし、「もっとこなれた文章を書きたいのに、文末がいつも同じような書き方で単調な文章になってしまう」「文末に変化を付けたいけど、どうすればいいのかよく分からない」と悩むこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここでは文末表現を工夫して洗練された文章に仕上げる方法について説明します。

 

文末表現を工夫して洗練した文章に仕上げる方法

それでは、以下に文末表現を工夫して文章を仕上げる方法について説明します。

 

文末表現の種類

はじめに、文末に使うことができる表現にはどんなものがあるのか、「文末表現の種類」について解説します。

まず、文章のスタイルには「ですます調」「である調」と呼ばれる2種類があります。

「ですます調」「である調」とは何か、すでに知っている人も多いかもしれませんが、簡単に言うと以下のような文体のことです。

「ですます調」「である調」とは

ですます調・・・文章の終わりに「~です」「~ます」などの語を使う文体

である調・・・文章の終わりに「~である」「~だ」などの語を使う文体

つまり、「~です」「~でした」などの丁寧語を使って書く柔らかい感じの文体と、「~だ」「~である」といった語を文末に使う硬い印象の文体の2種類に分けられます。

どちらの文体を使って文章を書くかはケース・バイ・ケースですが、どちらの文体を使うにしても、さまざまな表現の仕方があるので、その表現をうまく使い分けることで、バリエーションのある文末表現を実現することが可能です。

なお、「ですます調」「である調」それぞれでどんな表現が使えるのかを一覧にすると、たとえば以下のようなものがあります。

「ですます調」「である調」の文末表現

ですます調 である調
~です(~でした) ~だ(~だった)
~します(~しました) ~する(~した)
~のようです ~である
~があります ~と思う
~になります ~だろう
~と思います(~と思いました) ~ではないだろうか
~ではないでしょうか ~と考える
~ではありません ~ではなかった
~することはありません ~のはずである
~しないといけません ~のはずだ
~でしょう ~したのだ
~かもしれません ~らしい
~でないといけない
~するべきだ
~かもしれない

上記のように、「ですます調」「である調」どちらも文末にいろいろな表現を使うことが可能です。

文章を書く時には、これらの表現をうまく活用すると、同じ表現ばかりの単調な文章になるのを避けられます。

文末がいつも同じ表現で終わってしまい、単調な感じになってしまうことはよくありますが、上記のような表現を工夫して使い分けることで、読みやすく洗練された印象の文章に仕上げることができます。

では、文末表現を工夫して洗練された文章に仕上げるためには、どのような考え方ややり方をすれば良いのか、そのポイントを以下に説明します。

 

書いた文章を読み返して文末の表現をチェックする

まず、文末表現を工夫して洗練された文章に仕上げるために必要なこと1つ目は、「書いた文章を読み返して、文末表現をチェックする」ことです。

はじめは細かいところに注意を払わずに、ただ文章を綴っていくだけでも良いですが、書き終えた文章を少し時間を置いてから読み返して、文末表現をチェックすると良いです。

なぜなら、はじめから文末を意識して文章を書いてしまうと、いちいち文末で書く手が止まってしまい、なかなか書き進まなくなってしまいますし、全体がある程度仕上がった段階で、文章全体を見渡せるようになってから細かい点をチェックするほうが効率的だからです。

また、一通り出来上がった文章を読み返した段階で一つひとつチェックして直していくほうが「木を見て森を見ず」という状態にならずに済みます。

なので、良い文章に仕上げたい時には「一旦書き上げた文章を時間を置いて読み返し、修正を入れていく」ということを意識しておくと良いです。

 

前後のバランスを考えて文末表現を選ぶ

次に、文末表現を工夫して洗練された文章に仕上げるために必要なこと2つ目は「前後の文章のバランスを考えて表現を選ぶ」ことです。

つまり、文末表現はその文章単体で考えるだけではなく、その前後にある文章とのバランスを見て使う表現を選ぶということです。

では、これが具体的にどういうことか、以下に例文を使ってみてみます。

たとえば、以下のような文章があったとします。

例文1

つまり、社会人になってからする勉強は、その時の現実に対する不満や改善したいことがあって、その解決法としてするものだという意味合いが強い

今目の前にある「不満のある現実」を「なりたい自分」や「憧れの生活」に変えるための、一番確実な手段が「勉強する」ということだ

あるいは、特別な不満はなくても、なりたい自分や叶えたいことがあって、それを実現するために勉強をすることもあるだろう。

これは、「買い物をする」ことと似ている

というのは、何かものを買う時というのは、「もっと毎日の生活を豊かなものにしたい」「つまらない毎日を変えたい」など、何か実現したいことがあってするものだからだ

「大人になってから勉強すること」の意味と理由

上の文章は「である調」で書いた私のエッセイの一部を抜き出したものですが、ここでは5つの文章で成り立っています。

そして、この5つの文章は「~ということだ」「~だろう」「~だからだ」など、それぞれ違った表現を使って文が終わるように書かれているのが分かると思います。

しかし、同じ文章でも、たとえば以下のように書かれていたら、「この文章に対する印象」や「文章の読みやすさ」が違って感じるのではないでしょうか。

例文2

つまり、社会人になってからする勉強は、その時の現実に対する不満や改善したいことがあって、その解決法としてするものだという意味合いが強いのだ]・・・①

今目の前にある「不満のある現実」を「なりたい自分」や「憧れの生活」に変えるための、一番確実な手段が「勉強する」ということなのだ]・・・②

あるいは、特別な不満はなくても、なりたい自分や叶えたいことがあって、それを実現するために勉強をすることもあると思う。]・・・③

これは、「買い物をする」ことと似ていると思う。]・・・④

というのは、何かものを買う時というのは、「もっと毎日の生活を豊かなものにしたい」「つまらない毎日を変えたい」など、何か実現したいことがあってするものだと思うからだ]・・・⑤

この文章は、文末が「~なのだ」や「~と思う」という表現が立て続けに使われています。

この文末の書き方だと、おそらく、まず読んだ時に「同じ文末が続いている稚拙(幼稚)な文章」だという印象を受けるのではないでしょうか。

そして、「いまいち文章の内容が頭に入りずらい」とも感じるはずです。

そう感じるのは、同じ文末表現が続いて「単調な文章」になっているということが理由の一つです。

もし書いた文章がこのような状態になっていたなら、単調な文章になっているのを解消するために、文末の表現を考え直して修正をする必要があります。

たとえば「例文2」では、③④⑤の文章で「~と思う」という言葉を文末に使っていますが、この場合は、少なくとも一つ以上の文末で「~と思う」ではない表現を使うようにできないか考えることが必要です。

ただし、前後の文章のバランスを考える必要があるとは言っても、「~と思う」を避ければどんな表現を使っても良いという訳ではありません。

では前後のバランスを考える以外に、どのような基準で文末表現を選ぶかというと、以下で説明する「表現のニュアンスの違い」にも気を付けて考える必要があります。

 

表現のニュアンスの違いに気をつける

次に、文末表現を工夫して洗練された文章に仕上げるために必要なこと3つ目は「表現のニュアンスの違いに気を付ける」ことです。

文末の表現にはさまざまなものがあるものの、それらは必ずしも自由に選べる訳ではなく、その文章で言いたいことを表す表現を吟味して選ぶ必要があります。

なぜなら、文末の表現が違うだけで、その文章のニュアンスまでもが変わってしまうからです。

どういうことかと言うと、たとえば先に書いた「例文2」にある③の文章は、文末が「~と思う」になっていますが、もとの「例文1」では「~だろう」になっています。

しかし、「~と思う」は「書き手の個人的な考えを述べている」のに対して、「~だろう」は「『きっとこうだろう』という一般的な事実に対する推測を述べている」という違いがあります。

つまり、この2つの文章は、文末の文言が違うというだけではなくて、微妙に表すことの意味も違っているのです。

それを踏まえて、あらためて③の文章にはどちらを使うほうが適切かを考えてみます。

「特別な不満はなくても、なりたい自分や叶えたいことがあって、それを実現するために勉強をすることもある」という③の文章のは、「私個人の考え」というよりも、「一般的な事実としてそうだと推測できること」に近いので、「~と思う」よりも「~だろう」を使うほうがふさわしいと判断できます。

このように、「~と思う」「~だろう」のどちらを使うかで、その文章で言っていることが微妙に変わってしまうので、その意味の違いを意識しながら、文末にどんな表現を使うかを選ぶことが必要です。

 

まとめ

以上、文末表現を工夫して読みやすい洗練した文章に仕上げる方法について説明しました。

優れた文章を書きたいと思ったら、文末表現を工夫することは必要な作業です。

文章を書く時には、一旦一通り文章を書き上げてから、全体を読み直して一つひとつ文末の表現をチェックして、必要に応じて修正をしていくと良いです。

具体的にどのようなところをチェックするかと言うと、文末表現は前後に同じような表現が続いたり、文章全体で同じような表現を多用したりすると単調で読みにくい文章になってしまうので、前後で同じものが重ならないように工夫する必要があります。

ただ、表現を選ぶ時には、前後のバランスだけを考えれば良いという訳ではなく、どんな表現を使うかで微妙に文章の意味が変わってしまうこともあるので、それも踏まえてもっとも適切だと思う表現を選ぶことが大切です。

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.