ブログのつくり方

WordPressでサイトをメンテナンスモードにする方法

投稿日:

これから新しく始めるブログをつくっている時や運営中のブログのリニューアルをする時など、サイトを公開状態にはせず「メンテナンスモード」にしておきたい時があります。

まだつくりかけ、もしくはカスタマイズしている最中のブログやサイトでも、何もしないとすべて公開されてしまうので、「メンテナンスモード」にして、ユーザーに「このサイトは準備中の状態」だということを知らせることが必要です。

とは言え、WordPressを使い始めたばかりという人の中には、「サイトを一時的にメンテナンスモードにするには何をすればいいんだろう?」と迷うこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここではWordPressで作成したブログをメンテナンスモードにする方法を説明します。

 

WordPressでサイトをメンテナンスモードにする方法

それでは、以下にWordPressのブログやサイトをメンテナンスモードにする方法について説明します。

 

WordPressプラグイン「WP Maintenance Mode 」を使う

まず、サイトをメンテナンスモードにするには、プラグインを使うと簡単です。

メンテナンスモードにするためのプラグインにはいくつかありますが、ここでは設定のしやすい「WP Maintenance Mode 」というプラグインを使った方法を紹介します。

「WP Maintenance Mode 」は、ただサイトをメンテナンスモードにできるだけでなく、簡単な操作でサイトに表示する文言やデザインなどを設定することができます。

では「WP Maintenance Mode 」を使ってどのようにメンテナンスモードにするかですが、設定に必要な作業の流れは以下のとおりです。

「WP Maintenance Mode 」を使ってメンテナンスモードにする方法

  1. 「WP Maintenance Mode 」をインストール・有効化する
  2. 「WP Maintenance Mode 」の設定画面で、メンテナンスモードを有効化する
  3. サイトのデザインをカスタマイズする
  4. サイトを表示して状態を確認する

上記①~④で行う作業について、詳しくは以下の項目で解説します。

 

①「WP Maintenance Mode 」のインストール・有効化

はじめに、①の「WP Maintenance Mode 」をインストール・有効化する方法について説明します。

ここで行う作業は以下のとおりです。

「WP Maintenance Mode 」のインストール・有効化手順

  1. WordPress管理画面「プラグインの追加」画面を表示
  2. 画面の右上にある検索ウィンドウに「WP Maintenance Mode 」と入力
  3. 検索結果に表示された「WP Maintenance Mode 」の「今すぐインストール」をクリック
  4. インストールが完了したら「有効化」をクリックする

以下に、上記①~④の流れを詳しく見ていきます。

まず、WordPress管理画面のメニューから「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックして、「プラグインの追加」画面を表示します。

そうすると、以下のような画面になるので、右上にある検索ウィンドウに「WP Maintenance Mode 」と入力します。

「WP Maintenance Mode 」のインストール画面

そして、検索結果の左上に「WP Maintenance Mode 」が表示されたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。

インストールが終わったら、以下のように「有効化」というボタンが表示されるので、「有効化」をクリックし、ここまでの作業が終了です。

「WP Maintenance Mode 」を有効化にする時の画面

 

②メンテナンスモードを有効化する

次に、「WP Maintenance Mode 」の設定画面からメンテナンスモードを有効化にする作業を行います。

プラグインをインストールして有効化しただけでは、まだサイトはメンテナンスモードにはなっていないからです。

なので、まずはプラグインでメンテナンスモードを有効にするために、以下の作業を行います。

メンテナンスモードの有効化手順

  1. WordPress管理画面で「WP Maintenance Mode 」の設定画面を表示
  2. 設定画面「一般」タブの「状態」で「有効化」を選択
  3. 「設定を保存」をクリックする

以下に、上記①~④の手順を詳しく見ていきます。

まず、WordPress管理画面「設定」⇒「WP Maintenance Mode 」をクリックして、設定画面を開きます。

そうすると、以下のような画面になるので、一番上の「状態」という項目で「有効化」を選択し、画面下の「設定を保存」をクリックします。

「WP Maintenance Mode 」の設定画面

他にも設定できる項目がありますが、とりあえず「状態」を「有効化」にして設定を保存すると、そこでサイトはメンテナンスモードになるので、ユーザーが訪れてもサイトを閲覧することができなくなります。

ちなみに、この状態だと、プラグインのデフォルトで設定されているデザインでサイトが表示されるので、アクセスした人には以下の画面が表示されます。「WP Maintenance Mode 」のデフォルトの設定でメンテナンスモードにした時のサイト表示

 

③サイトのデザインをカスタマイズする

次に、サイトのデザインをカスタマイズする方法について見ていきます。

設定画面で「状態」を「有効化」にするだけで、サイトはメンテナンスモードになり、訪れたユーザーにメンテナンス中であることを伝えることができます。

ただ、見た目があまりにもシンプル過ぎる状態になってしまうので、デザインをカスタマイズしておく良いです。

このプラグインでは、設定画面の「デザイン」タブから、サイトに表示するテキストや背景色・背景画像などを設定できるようになっています。

詳しい設定内容は、以下のとおりです。

 

サイトのコンテンツを設定する

まず、サイトに表示するコンテンツ(タイトルや文言)の設定方法です。

「デザイン」タブの「コンテンツ」という項目から、以下の設定をすることができます。

「WP Maintenance Mode 」のデザイン設定

タイトル(HTMLタグ) HTMLのtitleタグに記述する文言を入力する
(つまり、サイトを表示した時にブラウザのタブに表示する文言を設定する)
見出し サイトに表示する見出しを設定する
(タイトルの文字色も設定可能)
テキスト サイトに表示する文章を設定する
(テキストの文字色も設定可能)

 

サイトの背景色・背景画像を設定する

次に、サイトの背景色や背景画像の設定方法です。

「デザイン」タブの「背景」という項目からは、以下の設定が可能になっています。

「WP Maintenance Mode 」でメンテナンスモードにした時のサイトの背景設定画面

背景の種類を選択 カスタムカラー カラーコードを指定して背景色を選択できる
アップロードされた
背景画像
1920×1280pxの画像をアップロードして背景画像に設定できる
既定の背景画像 プラグイン側で用意している画像から1枚を選んで背景画像に設定できる

ちなみに、背景の種類で「既定の背景画像」を選択すると、以下のように複数の画像から背景画像を選べます。

「WP Maintenance Mode 」で背景画像を選択する時の画面
たとえば、この画像の1枚を背景画像に選択して、文字色を白(#ffffff)に設定すると、以下のような表示になります。

「WP Maintenance Mode 」でデザインをカスタマイズしてメンテナンスモードのサイトを表示した時の画面

 

その他の設定

また、上記の設定以外にも、「モジュール」タブから以下の設定をすることも可能です。

「モジュール」タブでできる設定

  • サイトを公開するまでのカウントダウンを表示
  • 問い合わせボタンの設置
  • サイト公開の準備ができたら通知を受け取るための登録フォームを設置
  • ソーシャルネットワークを表示

たとえば、サイト公開までのカウントダウンや、問い合わせ・通知フォームを設置すると、以下のような状態になります。

問い合わせボタンやカウントダウンを表示した時の画面

公開日までのカウントダウンは、後どのくらいでサイトが閲覧できるかの目安になりますし、問い合わせボタンなどはあると便利なので、併せて設定しておくと良いのではないでしょうか。

(「Manga Bot」「GDPR」というタブもありますが、これらはデフォルトのままでも良いです)

上記の設定を行ったら、最後に「設定を保存」をクリックして変更した設定を保存して、ここまでの作業は終了です。

 

④サイトを表示して状態を確認する

次に、プラグインの設定が完了したら、実際にサイトを表示して状態を確認します。

ただし、WordPressにログインした状態でサイトを閲覧しても、メンテナンスモードの画面は表示されません。

WordPressをログアウトするか、別のブラウザで表示する必要があります。

なので、ログアウトするか別ブラウザでサイトを表示して、設定した通りの画面になったことが確認できたら、メンテナンスモードの設定は完了です。

サイトを公開できる状態になってメンテナンスモードにしておく必要がなくなったら、忘れずに「状態」を「無効化」に戻しておいてください。

 

まとめ

以上、WordPressのブログをメンテナンスモードにする方法について説明しました。

公開前でブログをまだつくりかけている時やテーマの変更などでサイトをリニューアルをする時には、サイトをメンテナンスモードに設定しておく必要があります。

メンテナンスモードにする方法はいくつかありますが、「WP Maintenance Mode 」を使うと、簡単な設定でサイトをメンテナンスモードの状態にすることができるのでおすすめです。

メンテナンスモードの有効化と無効化を簡単に切り替えられるだけではなく、サイトに表示する文言やデザイン、問い合わせ先の設定や公開時に通知するなどの設定も行えるので、訪れたユーザーにも親切なサイトになります。

サイトをメンテナンスモードにしたい時には、「WP Maintenance Mode 」を使ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.