連載エッセイ

「良い人」になろうとして失敗する理由

更新日:

一般に「他人から良い人と思われたい」「他人から好かれたいから良い人を演じよう」などとという感情をどこかに持ってい人は、けっこう多いのではないだろうか。

とは言え、そんな「良い人」を演じることで、実際に自分が他人の目に「好感の持てる人」だと映れば良いが、一歩間違えば「お人好し」「都合の良い人」という扱いを受けることにもなりかねない。

むしろ、「良い人だと思われたい」「人から好かれたい」という思いは裏目に出て、人からの評価を下げることになるほうが多いのではなかろうか。

私はそんな経験が過去にたくさんあったので、ここでは「良い人を演じる」ことについて私が思うことを書いてみたいと思う。

若い時を振り返ってみると、私は「他人から良く見られたい」という気持ちを抱えていた時期が長くあった。

なぜそんな風に思っていたかと言うと、一つには体質的な事情がある。

私は昔から虚弱体質で、基本的に活動のレベルが低い。

だが「いつも体がだるい」「疲れやすい」などといっただけで病弱な訳ではないので、人からの理解や同情は得られることはない。

むしろ、「だらだらしてばかりいる」と文句を言われたり、「いつも連絡が遅い」「もっとメールして」といったリクエストをされたりすることが多かったが、そんな日常のささいなことですらも負担に感じる私には、大げさなようだが「他人との間には超えられない壁がある」という思いが拭えなかった。

そうして、私は他人との間に疎外感を感じることが多かったことが、無意識に人との接点を求めて「良い人を演じる」ことにつながっていた理由の一つだと思う。

しかし、その「良い人を演じる」せいで、返って嫌な思いをしたことは多かった。

人に媚びようとする態度があからさまに透けて見えたのか、良く思われるどころか、逆に疎ましがられたり、都合の良い人として扱われたりしたからだ。

自分では良かれと思って親切にしたつもりでも、「単に都合のいい人としか思われていなかった」という経験はわりと多い。

そして、その結果、人から拒絶されたような虚しさを感じたり、人に媚びる自分のことも嫌になったりしたのである。

しかし、そんな失敗をさんざんした私も、最近になって、ちょっと違った見方ができるようになった。

それが何かと言うと、「どうして『人に好かれたい』と思う気持ちが結果として逆の出来事を呼び起こす」のか、その理由を実感できたような気がするのだ。

そのヒントは、「逆の立場になる」ことにある。

つまり、「自分が人から媚びられる」という体験をした時に、どれほどそれが嫌なものかが分かり、「良い人を演じる」ことは決して相手に良い印象を与えないことを知ったのだ。

私にとって、人に媚びようとしてくる相手はまったく「良い人」ではなく、むしろ「下心だけで近寄ってくる信頼の置けない人」という印象しかなかったのである。

なぜ「良い人」になろうとすると、意図したことと逆の結果になるのかは、とても簡単なことだった。

どんなに良い人のように振る舞っても、それがその場限りの取ってつけたようなものだったとしたら、それは「不自然」で「嘘っぽい」行為として相手の目に映るだろう。

そして、その不自然さが原因で、「この人は自分に媚びて取り入ろうとしている」と相手に思われ、その結果、相手はこちらのことが鬱陶しいと思うようになるという具合だ。

特に、関係性の薄い相手ほど、過剰に親切にされれば不自然さも大きくなるし気持ちが悪いものだ。

なので、闇雲に「良い人」のように振る舞っても、それが「普段の振る舞い」や「相手との関係性」と釣り合わない不自然なものなら、意味をなさないのである。

あるいは、相手のことをよく知らないのに、こちらが良いと思うことを勝手に押し付けて、かえって迷惑になったり、重荷になってしまうことだってあるだろう。

なので、「良い人」というのは、なりたいと思ってなれるものではない。

返って、そんな考えは捨てて他人と接するほうが、自分に対しても他人に対しても誠実な「良い人」と言えるのではないだろうか。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.