ブログのつくり方

WordPressで固定ページを作成・公開するまでの手順

投稿日:

ブログやサイトの構成に必要なページには、メインコンテンツとなる記事以外に、「お問い合わせページ」や「プライバシーポリシー」などがあります。

WordPressを使う場合は、これらを「固定ページ」で作成して公開しますが、固定ページと記事を作成する「投稿」では、公開するまでの手順が一部異なる部分があるので注意が必要です。

そこで、ここではWordPressで固定ページを作成・公開する手順について説明します。

 

WordPressで固定ページを作成・公開する手順

それでは、以下にWordPressの固定ページを作成・公開する手順について説明します。

 

固定ページを公開するまでの流れ

はじめに、WordPressで固定ページを公開するまでの流れを説明します。

WordPressの固定ページを公開するまでに必要な作業は、以下のとおりです。

記事を投稿するまでの流れ

  1. ページのタイトル・パーマリンクを設定する
  2. 本文を作成する
  3. 親ページがある場合は選択
  4. アイキャッチ画像を追加
  5. 記事のプレビューを確認
  6. 固定ページを公開または下書き保存する
  7. 固定ページをメニューもしくはウィジェットに追加する

上記の①~⑦の作業は、WordPress管理画面「固定ページ」⇒「新規追加」をクリックして、「新規固定ページを追加」画面から行うことができます。

この画面では、以下の部分に入力や編集などの作業が必要です。

固定ページの画面構成

では具体的にどんな作業をするのか、詳しい手順を以下の項目で説明します。

 

①ページのタイトルとパーマリンクを設定する

まず、①の「ページのタイトルとパーマリンクを設定する」方法について解説します。

WordPressの「新規固定ページを追加」画面を表示すると、画面の上中央にタイトルの入力欄があります。

固定ページのタイトルとパーマリンク設定

この入力欄に、「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」など、ページのタイトルを入力してください。

そうしたら、そのすぐ下にパーマリンク(記事のURL)が表示され、スラッグ(URLの末尾)を入力できるようになるので、次に、この部分に任意のスラッグを入力してください。

たとえば、スラッグは「privacy-policy」のように英数字で設定します。

「タイトル」と「スラッグ」を入力したら、固定ページのタイトルとパーマリンクの設定は完了です。

 

②本文を作成する

次に、「ページの本文を作成する」方法について見ていきます。

固定ページの本文は、「新規固定ページの追加」画面の中央にあるエディターを使って作成・編集していきます。

エディターの使い方は投稿と違いはありません。

固定ページのエディター

h2・h3などの見出しやリストなども使うことができるので、それらを適度に使いながら、本文を作成・編集してください。

 

③アイキャッチ画像を設定

次に、「アイキャッチ画像を設定する」方法について見ていきます。

固定ページにアイキャッチ画像を表示する場合は、「新規固定ページの追加」画面右側にある「アイキャッチ画像」から設定できます。

WordPress固定ページのアイキャッチ画像設定

この時の設定方法は、投稿のアイキャッチ画像を設定する方法と同じです。

はじめに、「アイキャッチ画像を設定」という文字をクリックした後、新しい画像をアップロードするか、すでにアップロード済みの画像を選択して、アイキャッチ画像として設定してください。

こちらの記事も併せてどうぞ

WordPressで記事を投稿する方法を解説

WordPressでブログをつくる時に、メインとなるのが記事の作成や編集作業です。 「新規投稿の追加」や「投稿の編集」画面で記事を作成をすることができますが、この時にはどんな流れで作業をするのか、Wo ...

続きを見る

 

④ページ属性を設定する

次に、「ページ属性」の設定方法について見ていきます。

固定ページは、投稿のようにカテゴリーの設定はできませんが、カテゴリーのような階層構造にすることが可能です。

以下のような感じで、固定ページを階層構造にしたい場合には「ページ属性」を設定します。

階層構造にした場合の固定ページ一覧

その場合は、「新規固定ページを追加」画面にある「ページ属性」の項目で、すでに作成済みの固定ページの中から、そのページの「親」となるページを選択してください。

固定ページのページ属性

たとえば、「このサイトについて」のページの下の階層に「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」を置きたい場合には、「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」それぞれの作成画面で、親ページにプルダウンメニューから「このサイトについて」を選択します。

また、「並び順」に数値を入力して、そのページの並び順を指定することもできます。

たとえば、「このサイトについて」の下の階層を「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」の順に並べたい時には、それぞれの作成画面で「1」「2」のように数値を設定します。

もし固定ページを構造階層にする必要がない場合には、この部分はデフォルトのままで問題ありません。

 

⑤プレビューを確認する

次に、「プレビューを確認する」方法について見ていきます。

記事を作成したら、プレビューを表示して全体の体裁を確認します。

プレビューを確認するには、画面右上の「公開」という項目の中にある「プレビュー」をクリックすると、新しいタブで記事のプレビューを表示することが可能です。

固定ページのプレビュー表示ボタン

 

⑥投稿を「公開」もしくは「下書き保存」する

次に、「固定ページを公開」(もしくは「下書き保存」)する方法について説明します。

固定ページの本文を入力し、アイキャッチ画像などを設定、プレビューで表示を確認したら、最後にページを公開状態にします。

固定ページを公開するには、画面右上の「公開」という項目の中にある「公開」ボタンをクリックします。

固定ページの公開ボタン

「公開」ボタンをクリックしたら、公開作業は完了です。

もし、まだ記事を公開する状態ではなくて「一旦下書き保存したい」という場合には、「下書きとして保存」ボタンを押して、一旦下書き保存することも可能です。

下書き保存したページを後で編集したい場合には、管理画面「固定ページ」⇒「固定ページ一覧」をクリックして、固定ページの一覧画面を表示してください。そして、該当の固定ページのタイトルをクリックして「固定ページを編集」画面を開くと、ページの編集が可能になります。

 

⑦ページを「メニュー」「ウィジェット」に追加する

次に、公開した固定ページを「メニュー」「ウィジェット」に追加する方法について見ていきます。

まず、この作業がなぜ必要かを説明すると、固定ページは投稿とは違い、公開状態にしてもそれだけではサイト上に表示されないからです。

投稿であれば、公開すると自動的に「新着記事一覧」や「カテゴリー一覧」「月別アーカイブ」などから記事を見つけられるようになりますが、固定ページは公開しただけで自動でサイト上にリンクが表示されることはありません。

なので、たとえば、以下のようにヘッダーメニューに固定ページを追加するなどして、その固定ページを表示するためのリンクをサイト上に表示させる必要があります。

ヘッダーメニューに固定ページを追加した場合の表示

そのための方法としては、以下のやり方があります。

固定ページのリンクをサイト上に表示する方法

  1. ヘッダーやフッターメニューに固定ページのリンクを追加する
  2. ウィジェットを使ってサイドバーなどにリンクを追加する

どちらかと言うと、①のやり方でヘッダーやフッターのメニューにリンクを追加することが一般的ですが、上記①②どちらの方法でも固定ページへのリンクをサイト上に表示することが可能です。

全体のデザインなどでどのように表示するか決めると良いです。

 

まとめ

以上、WordPressで固定ページを作成・公開する方法について説明しました。

固定ページは、お問い合わせページやプライバシーポリシーなど、サイト上のメニューに固定して表示するコンテンツを作成するページです。

作成・公開までの手順はほとんど記事を投稿する場合と違いはありませんが、「固定ページはカテゴリーの設定ができない」「ページ自体に階層を持たすことができる」など違っている部分もあります。

中でも注意が必要なのは、投稿とは違って、固定ページは公開しても自動でサイト上にリンクが表示されないので、公開しただけでは読者がそのページにアクセスできません。

なので、ヘッダーやフッターメニューに追加したり、ウィジェットでサイドバーにリンクを表示するなどして、サイト上にページのリンクを表示させる必要があるので、その作業も忘れずに行うことが必要です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.