ブログのつくり方

WordPressのURLをサブディレクトリからドメイン直下に変更する方法

投稿日:

WordPressをインストールする時には、インストール先を「ドメイン直下」か「サブディレクトリ」かを選ぶことができます。

しかし、選べるとはいえ、WordPressを使い始めたばかりだと、どちらにインストールすれば良いのかよく分からないという人もいるかと思います。

そして、よく分からないままにサブディレクトリにWordPressをインストールしたものの、後々ブログに表示するURLが変わってくることに気付いて「やっぱりドメイン直下のURLで表示したい!」と思うこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここではサブディレクトリにWordPressをインストールした後に、サイトのURLをドメイン直下に移動するための手順を説明します。

 

サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLをドメイン直下で表示する方法

それでは、以下にサブディレクトリにインストールしたWordPressのURLをドメイン直下で表示する方法を説明します。

 

大まかな流れ

まず、ドメイン直下のURLを表示させるために必要な作業の流れから解説します。

ドメイン直下のURLに移動するためにはどんな作業が必要かと言うと、大きく分けて以下の4点です。

  1. WordPress管理画面「一般」の「サイトアドレス(URL)」を変更する
  2. 「index.php」をルートディレクトリにコピーしファイルを編集する
  3. ファイルをルートディレクトリにコピーしファイルを編集する
  4. サイトを表示して状態を確認する

次の項目で、この4点の作業の詳しいやり方を説明します。

 

1.WordPress管理画面の「サイトアドレス(URL)」を変更する

でははじめに、WordPressの管理画面「一般」の「サイトアドレス(URL)」の内容を変更する方法です。

ここで行う作業の流れは、以下の通りです。

  1. WordPress「一般設定」を表示する
  2. 「サイトアドレス(URL)」からサブディレクトリを削除する
  3. 設定の変更を保存する

①~③の詳しい流れを説明します。

まず最初に、WordPressの管理画面にログインして、左側のメニューにある「設定」⇒「一般」をクリックします。

そうすると「一般設定」という画面が表示されるので、少し下にスクロールして「サイトアドレス(URL)」という項目を表します。

サブディレクトリにWordPressをインストールしてある場合は、上の画像にあるように、「サイトアドレス(URL)」の末尾がサブディレクトリのフォルダ名(上の画像では「wp」)になっているのが確認できるかと思います。

ここで「サイトアドレス(URL)」に書かれているアドレスからサブディレクトリのフォルダ名を削除すれば、公開するURLをドメイン直下(ルートドメイン)に設定することが可能です。

なので、下の画像のようにサブディレクトリ(wp)の部分を削除します。

そして、設定の変更を保存するために、画面下にある「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

ここまでで「サイトアドレス(URL)」の変更作業は完了です。

 

2.「index.php」を複製して内容を書き換える

次に、「index.php」をルートドメインに複製して、内容を書き換える作業を行います。

ここで行う作業の流れは、以下の通りです。

することリスト

  1. サーバーのファイルマネージャーにログインする
  2. 該当するドメイン名のフォルダを選択する
  3. サブディレクトリのフォルダにある「index.php」をルートドメインにコピーする
  4. 3でコピーしたルートドメインの「index.php」を開き、内容を一部編集して保存する

以下に①~④の詳しい流れを説明します。

まずは、WordPressをインストールしているサーバーのコントロールパネルから「ファイルマネージャー」にログインします。

ファイルマネージャーのログイン操作はサーバーによって違うので、ここでは詳しい操作手順は省略します。

ファイルマネージャーを表示すると、ディレクトリ内のフォルダツリーが表示されるので、その中から該当のドメイン名のフォルダを選択し、その中にあるサブディレクトリのフォルダ(以下の画像では「wp」)を開きます。

そうすると、その中に「index.php」というファイルがあるので、これをドメイン直下に複製(コピー)します。

つまり、ファイルをコピーするか、一旦ダウンロードした後にルートドメインにアップロードするなどして、ドメイン直下に同じファイルが存在する状態にします。

この後内容を書き換えるので、念のために「index.php」ファイルをダウンロードするなどしてバックアップを取っておくことをおすすめします。

次に、ドメイン直下に置いた「index.php」を開きます。

そして、17行目にある「'/wp-blog-header.php'」という部分を以下のように変更します。

変更前の状態

変更後の状態

(「'/wp-blog-header.php'」の前にサブディレクトリのフォルダ名(上の画像では「/wp」)を入力する)

上記のように、「index.php」をルートドメインに複製し内容を書き換えたら、ファイルの変更を保存して閉じます。

以上で、ここまでの作業は完了です。

 

3.「.htaccess」ファイルを複製・内容を書き換える

次に、「.htaccess」ファイルを複製し、内容を書き換える作業を行います。

ここで行う作業の流れは以下の通りです。

  1. サーバーのファイルマネージャーにログインする
  2. 該当するドメインのフォルダを選択する
  3. サブディレクトリのフォルダにある「.htaccess」ファイルをルートドメインにコピーする
  4. 3でコピーしたルートドメインの「.htaccess」を開き、内容を一部編集し、変更を保存する

①~④の具体的な手順を以下に説明します。

(ここで行うのは、前の項目で行った「index.php」ファイルの複製・編集作業とほとんど同じ内容です)

まずは、サーバーのファイルマネージャーにログインして、が移動するドメイン名のフォルダを選択します。

次に、サブディレクトリのフォルダを選択し、その中にある「.htaccess」ファイルを複製してドメイン直下に置きます。

(すでにドメイン直下に「.htaccess」ファイルが作成されている場合は、この作業は必要ありません)

そして、ドメイン直下に置いた「.htaccess」を開き、5行目と9行目の部分を確認すると、以下のような状態になってます。

ここからサブディレクトリのフォルダ名を削除して、以下のような状態になるようにします。

フォルダ名の部分を削除したら、変更を保存してファイルを閉じます。

以上でここまでの作業は完了です。

 

4.サイトを表示して状態を確認する

上記の1~3までの作業が完了したら、最後にサイトを表示して正常に表示されることを確認します。

問題なくドメイン直下のURLでサイトが表示できれば作業は終了です。

(投稿のプレビュー画面などが404エラーで表示されない場合は、少し時間を置いてから確認すると表示されるようになります)

 

まとめ

以上、サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLをドメイン直下に移動する方法について説明しました。

サブディレクトリにWordPressをインストールしたけれど、後からドメイン直下のURLに変更したいというケースは多いと思いますが、その時には上記の流れで作業を行うことで変更が可能です。

特に複雑な作業ではありませんが、一部ファイルの中身を編集する作業が含まれるので、念のために先にバックアップを取ってから行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.