ライフハック

タブをツリー構造で一覧表示する拡張機能「ツリー型タブ」の使い方

投稿日:

Webで調べ物をする時など、ブラウザのタブをたくさん開いて作業をすることがあります。

そんな時には、タブがたくさんあり過ぎてどこに何のサイトのタブがあるのるかが分かりにくくなったり、タブを切り替えづらくなったりすることもあるのではないでしょうか。

ですが、開いているタブのリストをツリー構造で確認できれば、タブの切り替えや管理も簡単になるので作業の効率化につながります。

そこで、ここではタブを一覧でブラウザのサイドバーに表示できるFirefoxの拡張機能「ツリー型タブ」について説明します。

 

「ツリー型タブ」の使い方

それでは、以下に「ツリー型タブ」の使い方について説明します。

 

「ツリー型タブ」とは?

はじめに、「ツリー型タブ」とは何かを簡単に説明します。

「ツリー型タブ」は、ブラウザで開いているタブのリストをツリー構造でサイドバーに表示してくれる拡張機能です。

Firefoxにインストールして使うことができます。

この拡張機能を使うと、タブのリンクをクリックして開いた別のタブがある場合は、それを子階層としてツリー型で配置したリストをサイドバーに表示させることが可能です。

そして、サイドバーに表示するリストから、タブの切り替えや不要なタブを閉じることができるので、タブの管理がしやすくなり、タブをたくさん開いている時の作業を効率化することに役立ちます。

ではどのようにして「ツリー型タブ」を使ってフォントを調べるかと言うと、「ツリー型タブ」を使うために必要な作業は以下のとおりです。

「ツリー型タブ」を使うために必要な作業

  1. ブラウザに「ツリー型タブ」をインストールする
  2. ツールバーに表示される「ツリー型タブ」のボタンをクリックして、サイドバーにタブのリストを表示する
  3. 必要に応じて設定をカスタマイズする

上記①~③の詳しい手順については、以下の項目で解説します。

 

①「ツリー型タブ」をインストールする

まず、①の「ツリー型タブ」をインストールする手順について見ていきます。

インストールの流れは、以下のとおりです。

「ツリー型タブ」の追加手順

  1. 「Firefox向けアドオン」ページから「ツリー型タブ」のページを表示
  2. 「Firefoxへ追加」ボタンをクリック
  3. 確認メッセージが表示されたら、「追加」をクリック
  4. 再び確認メッセージが表示されるので「OK」をクリックする

次に、上記①~④までの作業を詳しく説明します。

まずは、「ツリー型タブ」のインストールページを表示します。

ツリー型タブ- Firefox(ja)向け拡張機能を入手

そうすると、以下のような画面が表示されるので、「Firefoxへ追加」をクリックします。

ツリー型タブのインストール画面

そして、以下のように「ツリー型タブを追加しますか?」と確認メッセージが表示されたら「追加」をクリックします。

インストールの確認メッセージ

また、以下のように「ツリー型タブがFirefoxに追加されました」ともう一度確認メッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。

 

インストール完了のメッセージ

ここまで行ったら、「ツリー型タブ」の追加は完了です。

 

②「ツリー型タブ」のボタンをクリックする

次に、②のツールバーに表示される「ツリー型タブ」のボタンをクリックして、サイドバーにツリー型タブを表示する方法について説明します。

まず、ツリー型タブを表示するには、ツールバーに表示される「ツリー型タブ」のアイコンをクリックします。(もしくは、キーボードの「F1」キーを押下しても表示することが可能です)

ツリー型タブのボタン

そうすると、ブラウザのサイドバーに以下のようにツリー型タブが表示されます。

サイドバーに表示されるツリー型タブ

このリストの中にあるそれぞれのタブをクリックすると、そのタブの画面に移動することができます。

他にも、「ツリー型タブ」をサイドバーに表示すると、以下のような操作が可能になります。

「ツリー型タブ」でできること

  • 「+」をクリックして新しいタブを開く
  • 「☓」をクリックしてタブを閉じる
  • ドラッグしてタブの並びを入れ替える
  • 親子関係にあるタブは「▼」「▶」をクリックして階層を開いたり、閉じたりすることが可能
  • 右クリックメニューから展開しているツリーをすべてたたんで表示する
  • 右クリックメニューから一度にツリーをすべて展開する

つまり、「ツリー型タブ」をサイドバーに表示しておくと、ブラウザでどんなタブを開いているのか一目で確認できますし、簡単に不要なタブを閉じたり、タブの表示を切り替えたり、新しいタブを開いたり、親子関係にあるタブを一つにまとめたりすることができます。

 

③設定をカスタマイズする

次に、③の設定をカスタマイズする方法について見ていきます。

「ツリー型タブ」は、インストールが完了すれば、そのままデフォルトの設定で使うことが可能です。

ただ、必要に応じて、設定を変更して使うこともできます。

ツリー型タブの設定メニュー

その場合は、ツールバーの「ツリー型タブ」ボタンを右クリックして、以下のメニューから設定をすることができます。

「ツリー型タブ」の設定項目

  • 「外観」
  • 「コンテキストメニュー」
  • 「新しいタブの挙動」
  • 「ツリーの挙動」
  • 「ドラッグ&ドロップ」
  • 「詳細設定/開発用」

たとえば、右クリックメニューに表示する項目を変えたい時には、「コンテキストメニュー」をクリックします。

すると、以下のような項目が表示されるので、その中から必要なものを選択して、右クリックメニューに追加したり、もしくは非表示にしたりすることが可能です。

コンテキストメニューの設定項目

より使い勝手が良いようにカスタマイズしたいという場合には、上記のメニューから設定を変更してみると良いと思います。

 

まとめ

以上、「ツリー型タブ」の使い方について説明しました。

「ツリー型タブ」は、ブラウザで開いているタブのリストをツリー構造でサイドバーに表示してくれるFirefoxの拡張機能です。

「ツリー型タブ」を使うと、常にサイドバーにタブの一覧を表示することができるので、たくさんのタブを表示して作業をしている時でも簡単にタブを切り替えることができますし、どんなタブを開いているのかが一目で分かり便利です。

簡単に使えて、タブをたくさん開いている時の作業を効率化できるので、Web上で調べ物をする時に使ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.