ブログのつくり方

WordPressにログインする方法とログインできない時の対処法

投稿日:

WordPressを使ってサイトやブログをつくる時に、最初に必要なのが管理画面へのログイン操作です。

しかし、「どうやって管理画面にアクセスするのか分からない」「ユーザー名やパスワードが分からなくてログインできなくなってしまった」など、ログイン操作に困ることがあるのではないでしょうか。

そこで、ここではWordPressの管理画面にログインする方法やログインができない時の対処法について説明します。

 

WordPress管理画面のログイン方法

それでは、はじめにWordPressの管理画面にログインする方法について説明します。

まず、管理画面にログインするために必要な作業は以下のとおりです。

WordPressのログイン手順

  1. WordPress管理画面のログインURLにアクセスする
  2. ログイン画面が表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力
  3. 「ログイン」ボタンをクリック

次に、①~③の手順について詳しく説明します。

まず、①のWordPress管理画面にログインする時のURLですが、これは基本的に一律で、以下のどちらかのパターンになります。

WordPress管理画面のログインURL

  1. http://サイトURL/wp-login.php
  2. http://サイトURL/WordPressをインストールしたフォルダ名/wp-login.php

ただし、管理画面のログインURLは後で変更することもできます。その場合は、上記のパターンとは違ったアドレスになります。

ちなみに、①と②は何が違うかというと、WordPressをどこにインストールしているかによって変わります。

まず、①はWordPressをルートドメイン直下にインストールしている場合のURLです。

そして、②はルートドメイン直下ではなく、さらに一つ下の階層にインストールしている時のURLになります。

この場合は、WordPressをインストールしているフォルダ名がURLに含まれるので、たとえば「wp」というフォルダにWordPressをインストールしていれば「http://サイトURL/wp/wp-login.php」というURLになるということです。

たとえば、このブログを例にとっていうと、ドメイン直下にWordPressをインストールしているか、もしくはドメイン直下の「wp」フォルダにWordPressをインストールしているかどうかで、管理画面のログインURLは以下のように違ってきます。

https://miyanokanako.com/wp-login.php
https://miyanokanako.com/wp/wp-login.php

なので、WordPressのインストールが終わったら、インストールした場所に応じて、上記①、または②どちらかのURLにアクセスしてください。

そうすると、以下の画面が表示されます。

WordPressのログイン画面

そうしたら、この画面の「ユーザー名またはメールアドレス」「パスワード」と書かれた部分に、WordPressをインストールする時に設定したユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

(「ログイン状態を保存する」にチェックを入れると、次回以降ユーザー名とパスワードの入力を省略できます)

そして、ログイン後の画面が表示されたらログイン完了です。

 

ログインできない時の対処法

次に、WordPress管理画面にアクセスしても、ログインできない時の対処法についてケース別に説明します。

 

パスワードを忘れてログインができない場合

まず、「パスワードを忘れてしまってログインできないケース」について見ていきます。

パスワードを忘れてしまった時には、ログイン画面からパスワードの再発行手続きをすることで、ログインが可能です。

パスワード再発行の手順は、以下のとおりです。

WordPress管理画面のパスワード再発行の流れ

  1. WordPress管理画面のログインURLにアクセスする
  2. 「パスワードをお忘れですか?」という文字をクリック
  3. 登録しているメールアドレスに送信される「パスワードリセット」メールを開く
  4. メールの一番下に書かれたリンクをクリックする
  5. 「新しいパスワードを入力してください」と書かれた画面が表示されたら、新しいパスワードを入力して「パスワードをリセット」をクリック
  6. 変更後のパスワードを使ってログインする

では次に、上記①~⑥の作業について詳しく説明します。

まず、管理画面のログインURLにアクセスすると、以下のように「パスワードをお忘れですか?」という文字が表示されているので、この文字をクリックしてください。

WordPress管理画面にあるパスワード再発行手続きのリンク

すると、以下の画面になるので、WordPressの「ユーザー名」もしくは「登録ユーザーのメールアドレス」を入力して「新しいパスワードを取得」をクリックします。WordPressのパスワード再発行画面

そうしたら、以下のように、登録したメールアドレス宛に「[サイト名]パスワードリセット」というタイトルのメールが届くので、そのメールの中に書かれているリンクをクリックします。

WordPress「パスワードリセット」メールの画面

すると、以下のような画面になります。WordPressの新規パスワード入力画面

この画面の「新規パスワード」という部分には、デフォルトで生成された新しいパスワードが入力されています。

このパスワードを使う場合には、そのまま「パスワードをリセット」をクリックします。

もし任意のものに変更する場合は、あらかじめ入力されているパスワードを削除して、希望のパスワードを入力し直します。

そして、「パスワードをリセット」をクリックしてください。

すると、以下のように「パスワードをリセットしました」と表示されます。WordPressのパスワードリセット完了時の画面

「ログイン」という文字をクリックして、再びログイン画面に遷移し、新しいパスワードでログインができたことを確認できたら、パスワードの再設定が完了です。

 

ユーザー名は分からないけれど登録のメールアドレスが分かる場合

次に、「ユーザー名が分からなくてログインできないケース」について見ていきます。

WordPressのユーザー名が分からなくても、ログインユーザーで登録しているメールアドレスが分かれば、そのメールアドレスを入力してログインすることが可能です。

この場合は、WordPressのログイン画面で、以下のように「ユーザー名またはメールアドレス」に登録のメールアドレスを入力し、パスワードにそのユーザーのパスワードを入力します。

もしパスワードも分からない場合には、先に書いた手順で、メールアドレスを使ってパスワードの再発行手続きをすれば問題ありません。

WordPressログイン時にメールアドレスを入力する時の画面

そして、通常通り「ログイン」をクリックすればログインが可能です。

ちなみに、ここで使うメールアドレスは、WordPress管理画面のメニューにある「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」をクリックし、以下の画面に表示されているものです。

WordPressユーザー一覧画面に表示されるメールアドレス

ユーザー名が分からなくても、メールアドレスなら分かることもあると思うので、その場合には上記の方法でログインすれば問題ありません。

 

ユーザー名とメールアドレスが分からない場合(※サーバーにMixhostを使っている人向け)

次に、「ユーザー名と登録メールアドレスのどちらも分からないケース」について見ていきます。

もし、ユーザー名と登録したメールアドレスがどちらも分からない場合は、「phpMyAdmin」にアクセスしてユーザーやメールアドレスを確認する必要があるなど、作業が複雑になります。

ですが、もしレンタルサーバーに「Mixhost」を使っていて、以下の「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」でWordPressをインストールしている場合には、簡単にログインできます。

Mixhost「cPanel」の「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」

この場合は、まず「Mixhost」のマイページにログインして「cPanel」を表示します。

そして、「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」の「WordPress」をクリックしてください。

そうしたら、表示された画面下の「現状のインスタレーション」というところに書かれている、サイト名の右側に表示されている管理者のアイコンをクリックします。

「現状のインスタレーション」の管理者アイコン

そうすると、ユーザー名やパスワードを入力することなく、ログイン後のWordPress管理画面が表示されます。

管理画面が表示されたら、まずは管理画面のメニューにある「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」をクリックし、ユーザー名や登録のメールアドレスを確認して、必要に応じて控えておくなどすると良いです。

 

まとめ

以上、WordPressのログイン方法とログインできない場合の対処法について説明しました。

WordPressをインストールしたばかりの時には、「管理画面にどうやってログインすれば良いか分からない」「パスワードやユーザー名を忘れてログインできない」ということもあると思います。

しかし、管理画面のURLは基本的に一律のパターンになっているので、「http://サイトURL/wp-login.php」「http://サイトURL/WordPressをインストールしたフォルダ名/wp-login.php」のどちらかのURLにアクセスすれば表示することができます。

またログインするためのユーザー名やパスワードが分からない場合でも、「ユーザー名」か「登録のメールアドレス」のどちらかが分かれば、「パスワードリセット」のような簡単な作業をするだけでログインすることが可能です。

ただし、「ユーザー名」と「登録のメールアドレス」の両方が分からないと、「phpMyAdmin」にアクセスする必要があるので作業が難しくなります。

それでも、レンタルサーバーにMixhostを使っていて、「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」でWordPressをインストールしていれば、ユーザー名やメールアドレス、パスワードがすべて分からなくてもログインできる場合があるので、試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ミヤノ カナコ

ブログ運営歴5年目のブロガー・フリーランスライター。OL時代には、多くのカスタマーセンターやヘルプデスクでメール・電話での問い合わせ対応に従事。現在は、ブログでの情報提供のほか、エッセイの発信を中心に活動中。このブログでは、ブログのつくり方や文章の書き方など、ネットビジネスに役立つ情報をお届けします。

Copyright© ミヤノカナコ.com , 2019 All Rights Reserved.